KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
GOING ON⇒!!!!!!!
遅くなりましたがKUNIO07『文化祭』公演、無事に終了いたしました!
ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
いま、京都に向かう新幹線の中でこれを書いてます。


今回、KUNIOとしては初の試みとして、既存の戯曲を使用せず新作づくりに挑みました。
そして、サイコーの作品ができました。
これは本当に僕一人の力ではなくて、サイコーのメンバーのおかげです!!
ご協力くださった全てのみなさんのおかげです!
そして、ご来場くださったお客様のおかげです!!
サイコーのメンバーとお客様が一体となって『文化祭』という空間をつくりあげていたと実感できました。
これぞ“演劇”!
僕はこういうことがずっとやりたかったんだと、再確認できました。

さらに、2年間やってきたサミットディレクターの集大成として、この作品を発表できて良かった!
僕がディレクターとしてやってきたことが結実した気がしました。
サミット実行委員会のみなさんにも本当に感謝しています。
ありがとうございました!


稽古を初めてから本番までの2ヶ月、決して平坦な道のりではありませんでした。
むしろ、つくっては壊しつくっては壊す稽古に不安を抱いていたメンバーもたくさんいたと思います。
EXILEチームとサザンチームに分かれW.S.を重ねていた7月から、8月の前半までで合計150作品近くの小作品が生まれましたが、結局本番で残ったのは2作品だけ…
それだけでも、稽古がいかにシビアなものだったかが分かると思います。
でも!シビアという言葉からは想像できないくらい、テンションとモチベーションの高い、本当に楽しい稽古場でした♪
皆が『文化祭』という作品に、ひとつの大きな目標に向かっていることが実感できた稽古場でした。
本当に幸せだった。
感謝の言葉しか出ません。

本当にみんなありがとう。
みんなマジでラブ!

僕はまだまだ未熟な演出家で、迷惑をかけまくったと思うけど、みんな嫌な顔ひとつしなかった。
むしろ、僕が思いついた案をどうにか具体的に良くしていこうと必死になってくれた。
いつまでも決まらない構成を、待ってくれた。
劇場に入ってから決まった部分も、いっぱいいっぱいな中でやってくれた。
何よりもみんながこの現場を楽しんでくれているのが伝わって、マジで嬉しかった!
あー、そうそう、オレは高校時代こうやって文化祭や体育祭を仲間とやってきたんだーって思い出して、あー、やっぱり、大人になったって、青春できるんじゃん!大人になったって青春時代と変わってない自分がいるじゃん!大人になったからって何かを諦める必要なんかないじゃん!って思った。
それは自分よりも年上のメンバーが教えてくれた気がする。
何歳になったって、何か新しいことに挑戦して、くじけて、挫折して、もう一回立ち上がればいいじゃん!
恋したり、騒いだり、興奮したり、ハメ外したり、泣いたり、悔しがったりしてもいいじゃん!
「青春」なんて言葉ダサイって言うやつがいるかもしれない。
「愛」とか「夢」とか「希望」とか「感謝」とか「友情」とか、そんな言葉クサイからやめてくれって言うやつがいるかもしれない。
でもさー、それって人生の中でハズせなくない?
とか思う。
だから、オレは恥ずかしげもなく言うよ(笑)

『文化祭』は「愛」と「夢」と「希望」と「感謝」と「友情」が詰まりまくったサイコーの「お祭りMAX!スーパー青春演劇公演」でした!!

一生の宝。
唯一無二の宝。

こんなこと平気で言っちゃってる自分もキモイけど、でも大好き!(笑)
今回の公演で得たものを絶対にこれから先、生かしていこうと思う。
『文化祭 in KYOTO』で新たな『文化祭』をつくろうと思う!
新しい出会いにテンション上がってます↑↑
もっとスゴイのつくってやる!!

未来に向かってGOING ON⇒!!!!!!!

IMG_7440.jpg

※また後ほど、写真集をアップします!


くにお
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫