KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
10/31のツイートまとめ
kuniooooooooo

RT @KINOSHITAyuichi: 奈良県立高田高校は素晴らしかった!生徒さんがキラキラしてた。廊下ですれ違ってもみなさん必ず「こんにちは!」と挨拶してくれるのには驚いたなぁ(僕らの授業を受けていない他学年他クラスの生徒さんもみんな)。先生方の日頃の教育の賜か、生徒さんが…
10-31 07:36

RT @KINOSHITAyuichi: 高田高校①。一週目の講義は、二時間。前半は木ノ下歌舞伎の活動紹介とキノカブ版『黒塚』の映像を観てもらいながら解説。後半は『義経千本桜』をテーマにガチで講義。演目の成り立ち、歴史、既存の解釈、そして木ノ下の解釈などをお話しました。奈良ゆか…
10-31 07:36

RT @KINOSHITAyuichi: 高田高校②。それにしても、高校生とはいえ、まだ一年生。なのに、理解力の素晴らしさよ!特に後半は結構マニアックな内容だったのだけど、ちゃんとついてきてくれました(拙い講義なのにね♪)。出てくる質問も、高等!生徒さんが真剣に聴いてくれるから…
10-31 07:36

RT @KINOSHITAyuichi: 高田高校③。特に「木ノ下歌舞伎の作品は、古典歌舞伎の延長線上にある(つまり歌舞伎という伝統芸能の最新形)と解すればいいのか、または伝統的な歌舞伎とは距離を置いた現代演劇としてとらえればいいのか、どちらでしよう?」という旨の質問が飛んでき…
10-31 07:36

RT @KINOSHITAyuichi: 高田高校④。二週目は、邦生先生の演技ワークショップ。そして、最終日の今日は、僕と邦生先生で、ワークショップ。実際に『義経千本桜』の「四の切」の一部分を邦生演出で演ってみよう!という趣向。いやー、鬼のように演出を付けまくり、二時間足らずで…
10-31 07:36

RT @KINOSHITAyuichi: 高田高校⑤。矢継ぎ早の演出家の指示についていく生徒さんも流石。台詞も段取りもすべて〈口だて〉。それをよく消化してくれてたなぁ。ほどんどの生徒さんが演劇人志望でも演劇部所属でもないから、きっと初めての経験だったはず。初めてのことに挑戦する…
10-31 07:37

RT @KINOSHITAyuichi: 高田高校⑥。生徒さんは二月に、『千本桜』を題材にした舞台作品を自分達の手で作って発表するそうな。どんな作品ができるのかなぁ。観に行きたいなぁ。今回の授業がその時に、どれくらい役立つかわからないけれど、何かのタシになってれば、いいなぁ。で…
10-31 07:37

RT @KINOSHITAyuichi: 高田高校⑦。文学でも絵画でも芸能でもいいから、ふと、〈古典〉や〈伝統〉と冠が付くものに興味が湧くようなタイミングがあったら、「そういえば高校時代に、なんちゃら歌舞伎の、オバチャンみたいな主宰と、テンションの高い演出家が授業に来たことがあ…
10-31 07:37

RT↓木ノ下歌舞伎が3週連続でおこなった奈良県立高田高校のWSの様子です。オープンでとても素敵な学校だった!授業の集大成、年度末の発表公演は2月6日だそう。『義経千本桜』をモチーフに作品つくるんだって!観に行けるといいなー。あと、いつか僕たちの公演も観てもらえるといいなー。
10-31 07:42

ってことで、新幹線で横浜に向かっております。打ち合わせ→リ・古典 稽古→打ち合わせ……うりゃ!
10-31 07:44

RT @synodos: 【新着記事】「普遍性」を持つ演目なんてない――古典を現代化するということ/木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一さんインタビュー https://t.co/9m5zPrz2Mw
10-31 09:19

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫