KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
11/04のツイートまとめ
kuniooooooooo

RT @KINOSHITAkabuki: 【黒塚】本日を皮切りに、各地チケット発売開始です!まずは新潟公演から!!公演情報は木ノ下歌舞伎Webサイト⇒http://t.co/gyJtmazpfQチケットはりゅーとぴあ⇒http://t.co/PCJhhWbb5s新潟の皆さ…
11-04 09:52

昨日、造形大の卒制制作公演|MAWARU『裸足で散歩』2回目の観劇。教え子たちの公演だから、やはりなんだかいろいろと感慨深くてグッとくるものもあった。だけど、それは作品を客観的に観る上でまったくもって必要のない感情。素直な感想は、卒業制作公演ってこういうことで良いのだろうか?(続
11-04 15:44

つくり手側も観客側もどこか「卒業制作公演」という大学に守られた枠組みに甘えて、その中でしか勝負していないんじゃないか。学生・卒業生や保護者・友人に喜んでもらうことが、つくり手側が一番に目指したことだったのなら、大成功と言えるのかもしれない。だけど、本当にそれで良いのだろうか?(続
11-04 15:44

僕の卒業制作公演のとき、太田省吾先生に「卒業制作はただ4年間の集大成の作品をつくるのではない。社会に向けて作品をつくる第一歩になるのだから、そういう作品をつくれ。」と言われ、社会とは何か、社会に向かうとはどういうことなのかを、結果はどうあれ自分なりに考えながら作品をつくった。(続
11-04 15:44

「社会」と言うと、なんだか堅苦しくて難しいことのように思えるけど、要は自分が知らない/自分を知らない“他者”である観客をどれだけイメージできるかということだと思う。果たして、今回の作品で学生たちはどれだけその“他者”に向き合ったのだろうか。そんなことを考えたのでした。
11-04 15:44

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫