FC2ブログ

KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
【HAPPLAY♥ブログジャック】その5・出村弘美さん
迷った。困った。迷った。ようやく辿り着いた、初めての稽古場。
どんな人がいるのか、無駄に緊張してしまう。扉を開けてまず目に入ったのは正面にいる人ではなく、右端で柔軟をしている人だった。美しい人だと思った。白い稽古場で柔軟をしている姿が絵になると。
でも、近寄り難い人。
demura

それが、らむーに対する第一印象。らむー。
彼女は出村弘美(でむらひろみ)さんと言う。U-25のLadyだ。
私は「らむー」と呼んでいる。名前からきたあだ名らしいが、言葉の丸み、柔らかな響きが本人によく合っていると思う。
見た目は繊細、儚げ。だけど、在り来りな言葉で説明したくない。いや、できない人。
いつもよく考え、自分の言葉で伝えてくれる。芯がぶれない。身体が柔らかく、いろいろな動きを見せてくれる。彼女の自然な演技に吸い込まれてしまう。見終わった後に「あれ?これは演技だったのかしらん」と思わず考えてしまう、心地のよい余韻。
たまにらむーにしか分からない世界に旅立ってしまったのかと思う時があって、それがものすごく寂しい。あぁ、結局在り来りな言葉でしからむーを紹介できない自分に腹が立つ。くたばれ、私。

らむーが笑ってくれると、私は嬉しい。らむーのことが好きだから。
傍にいると癒される。らむーには自然と人を引き付ける魅力がある。もっと知りたい、近付きたいと思う。でも、全てを知りたいと思うのは野暮なことなのではないかと。らむーの持つ空気、良さを壊してしまいそうで。


私はらむーが好きなのです。
早く風邪が治りますように。




「はぁ?お前の説明やと、よう分からんし!」「らむーはそんなんやない!らむーは...」と思う方は是非HAPPLAY「文化祭 in KYOTO」にお越しください。あなたの目で実際に確かめてください。そして、らむーに惚れるがいいさ!

すみません。調子に乗りました。遊びに来て下さい。お願いします。参加しそびれると、見逃すと後悔します!
「文化祭 in KYOTO」はお世辞抜きで素晴らしい公演になります。まさしく"青春"です。甘酸っぱいだけではない、青春です。楽しいことも、苦しいことも、素直になれないことも、些細なことに熱中する熱さも。思わずきゅんとしてしまうことだってあります。

公演は平日のみですが、「観に来て良かった」と思っていただけるよう一同全力で取り組んでおります。
是非「文化祭 in KYOTO」にお越しください。




と、ここで終われば良かったんですけどねぇ。稽古報告がまだなのですよ。
あっ、こんばんは。それともおはようございます。遅くなりましたが、昨日まみこに紹介されました武田美佳と言います。予想外に褒められていたのでむずむずしています。
今日は自分のリズム感の無さにどうしようかと...いや、どうにかするしかないんですけどね。どうにか。どうにかします!
特に邦生さん、ゴローさん、まみこにらむー。それから、音響の児玉さん!ありがとうございました。
って私個人のことはどうでもいいですよね。


稽古報告はさくっと書きます。
だって、事細かに書くと長いでしょ?それに、ネタバレしちゃいそうなんですもん。実際に来ていただいた時のお楽しみはたくさんあった方が...あっ、早く書けと。
いやぁ、何から書いたらよいのやら。どこまで書いてよいのやら。最近は演目に分かれて作っていることもあれば、音に乗れるものを作っていることもあります。今日は全員であの音楽ものをやって、後はそうですねぇ...笑いました。どきりとしました。あぁ、むず痒いなぁと思ったとか、思っていないとか。
流れはできてきた、のかな。

とにかく楽しいです!
音に乗れるものは、皆さんも一緒にリズムを刻んじゃいましょう!一緒に盛り上がっちゃいましょう!
一緒に作り上げる文化祭です。

Join us♪


武田美佳


【まもなく開催!お早めに。】
『文化祭 in KYOTO』予約フォーム
スポンサーサイト