FC2ブログ

KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
【KUNIO07ブログジャック】その26・木村元香さん。
 こんばんは、はじめまして。漠ちゃんのご紹介に預かりました、小島和明と申
します。
暑い日々が続いておりますね。こうも暑いとやはり、大瀧詠一の名曲、カナリア
諸島にてを口ずさみながらまさに、
♪薄く切ぃった~オレンジぃをアイスティーに浮かべてぇ~海に向いたテラスで
ペンだけぇ、滑らすぅぅ
ような暮らしを人生に一度はしてみたいものだなどと夢想してしまうもので、い
かんいかん!
集中しなければと、ブリキのように自由の利かない体と人に気持ち悪がられる高
周波の声を持て余しながら、這えずるように稽古場での日々を過ごしています。

 稽古場の様子はここに来て、一段と集中力とカオス度を高め、マイルス・デイ
ヴィスも真っ青なグルーブと狂騒感の中で進行しております。
青春残酷物語(c)大島渚じゃありませんけどね、青春って、華やかで明るくて瑞々
しい青々としたものの裏に、常に哀しさといいますか、はかなさといいますか、
言いえぬ無常さをかもし出していますよね。琵琶法師の昔より、祇園精舎の鐘の
声、諸行無常の響きあり。アゴラ劇場怒鳴り声、演出無情のしごきあり。などと
申します。これから、ポップで、メロウで、ファンキーで、レイジーな文化祭目
指して、演出家の罵声と役者スタッフのすすり泣きが飛び交う稽古場になるので
はないかと、今から楽しみです!

 さて、前書きが長くて失礼いたしました。本日のキャスト紹介
青森からやってきた麗しき令嬢、木村元香さんの登場です!(一同拍手)

kimura
(左 木村元香さん 右 峯岸のり子さん)

 ご覧の通りチャーミングでスマートなお人柄。白くしっとりとした絹のような
存在感が見るものの目を釘付けにする女優さんです。
青森出身の木村さんは、美しい東北弁で舞台に出られることもあるそうで、小発
表の時には僕も、たおやかで繊細な台詞回しを聞かせていただくことが出来まし
た。なんと三内丸山遺跡のガイドをなさっていた事もあり、縄文の人々の情熱的
な叙情に触れていたのでしょう、時にヒロイック、時にシュールな役柄も難なく
演じ分けてしまいます。
座右の銘は、後悔しない!
後悔ばかりを身上としてきた僕とは正反対の、凛として、さばさばした方なんで
すね。ああもっと見習わなければ。
ヒラメのエンガワと久石譲をこよなく愛し、「ゆれる」(西川美和監督)「メゾ
ン・ド・ヒミコ」(犬童一心監督)がお好きだという木村さん(「ジョゼとトラ
と魚達」もお好きではないかと想像)せつなさと静けさを帯びた繊細でたおやか
な心象風景を感じます。
だからこそ、そういったゆれる乙女心にそっと寄り添える、日本男子が死に絶え
てしまった昨今、結婚願望はなく、文化祭の男子キャストも圏外と言うことで、
今日は男子一同、一晩反省いたします。

そんな東北のヴィーナス、木村元香さんも出演する文化祭。
千秋楽を完売し、残りチケット各回とも少なくなっております!是非お早めにご
予約を!

今や難儀なゲームの攻略法なんてネットでポイポイされてる時代に、私達はいか
にして物語を物語るのか、乞うご期待!


小島和明


【千秋楽は満員御礼!別日はまだ余裕ございます!】
KUNIO07チケット予約フォーム
スポンサーサイト