FC2ブログ

KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
ダンス×ダンス+ダンス。
おっす!
くにおっす。
今日はね、ちょっとだけ芦谷康介さんのダンスの稽古に行きました。
ま、今回の「芦谷康介・京極朋彦ソロダンス公演」は“演出”というクレジットではないので、基本的に2人に任せ切る感じですが、ま、とは言え、稽古場行ってあーだこーだ言わせてもらうわけですね。
なので、今日もなんとなくコースケ君に演出的ヒントを渡して、1週間後稽古を観るときにまたあーだこーだ言うというわけです。
2人の個性爆発のおもしれー作品になるはずである。
だってチラシもこんなだもんね↓(笑)

AK2009flyer-f600.jpg

ふざけてるよね。
で、公演詳細はコチラ→http://www.kunio.vis.ne.jp/KUNIOpro2009.html
今回はチケットも少しリーズナブル設定にしたので、是非ともみなさん観に来てください!

今日は19:00からAI・HALLでピーピング・トム『Le Sous Sol/土の下』を観ました。
作品中にエキストラと言うか、ま、公募で出演している地元の(?)日本人が5人程出てくるんですが、皆さん、ま、それなりにお年を召した方々で、その方々がすごく良かったんだけど、その中にKUNIO05『迷路』のモニター座談会に出演してくださったソウマさんという方も出ていて、それに気付いた瞬間、もうなんかカンドーしてしまって、ピーピング・トムどころじゃなくなっちゃった…、とまでは言わないけど、なんか、あのくらいのお年になってそういうこと(舞台に出るということ)に貪欲でいられるということに、本気でカンドーしてしまった、オレは。
で、『Le Sous Sol/土の下』という作品ですが、うん、フツーに面白かったんですけど、オレ的には終わり方がしょぼくて残念だった。
あんだけ強度ある空間と身体を観せられたあとにあれだけだとなー、なんか消化不良だわ。
どーせだったら空から大木が降ってきてほしかった。
もしくは一瞬にして空間が消えるとか。


くにお
スポンサーサイト