FC2ブログ

KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
『三番叟』東京公演レポ vol.7。
あーい、みんながお待ちかね!「三番叟」東京公演レポだよ!
今日の担当は、衣裳担当の“ピヨ彦”こと清川敦子でっす☆
おいらは眠いから、今日はこの辺でおいとまするよ。
おやすみなさーい。

====================

今日は朝から雨がたらたらと降っておりました。
私は楽屋にいることが多いのですが、今日は楽屋の雰囲気もモヤモヤしており、いつもと違う不安が漂っていました。
けれど、「三番叟」メンバーといると大丈夫だとすごく強くなれるのです。
「三番叟」メンバーは私にとってこういう人達です。
私は衣裳をやっていますが、ダンサー達はいつも豪雨に打たれたように濡れた姿で帰ってきます。
いつも後ろで待機しているためステージは見れないけれど、衣装に触れると、いかに彼らが舞台で莫大なことをしてきたかをいつもこの手で感じれるのです。彼らの本番前の無音で険しい顔つきも、無駄一つない汗も、荒らすぎる呼吸も、見ると胸が詰まりそうになり恋をするのです。
だからどうぞ舞台で彼らがずぶ濡れになっていく姿を見にきてください。

明日はもう千秋楽です。晴れるといいですね。



【公演詳細/チケット予約】
■木ノ下歌舞伎WEB→http://kinoshita-kabuki.org/


「三番叟」衣裳 清川敦子
スポンサーサイト