FC2ブログ

KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
KUNIO04&KUNIO05公演最新情報発表
お待たせいたしました!
KUNIO04とKUNIO05の最新情報を発表いたします!!

◎◎◎◎ KUNIO04公演、上演作品・開演時間が決定!!◎◎◎◎

“KUNIO×國士”
KUNIOが描く2つの國士!
岸田國士の数ある作品の中から、KUNIOは2作品を上演いたします!上演作品は、一人の老人とそこを訪ねる夫婦や婦人とのやりとりから、老人の孤独さが奇妙に浮かび上がる「百三十二番地の貸家」。そして、ある家族とそこで飼われている犬を巡って起こる問題が、町中の人を巻き込み、人々の身勝手さが滑稽に現れてくる「犬は鎖に繋ぐべからず」。この対照的ともいえる岸田國士の2作に杉原邦生が挑戦します。
是非、2作品ともにご覧いただきKUNIOの描き出す岸田國士の世界をお楽しみください!
(チケット料金については詳細が決まり次第、発表いたします。)

KUNIO04『百三十二番地の貸家/犬は鎖に繋ぐべからず 』

公演日時(※公演日が追加になりました!)
●「百三十二番地の貸家」上演
2008年10月30日(木)19:30/31日(金)19:30/11月1日(土)13:00
●「犬は鎖に繋ぐべからず」上演
2008年11月2日(日)19:30/3日(月・祝)13:00/3日(月・祝)16:00
会場=アトリエ劇研(京都)

作=岸田國士
演出・美術=杉原邦生

チケット発売=8月中旬予定


◎◎◎◎ KUNIO05上演作品、出演者決定!!◎◎◎◎

“アイホールがパニックになる!?“
岩下徹(山海塾)を主演に迎え好評を得たKUNIO03『椅子』に続く“Take a chance project”の2作品目となるKUNIO05公演では、〈テアトルパニック(恐慌演劇)〉を提唱し、不条理劇の可能性を押し広げたF・アラバールの代表作のひとつ『迷路』を上演いたします!個性溢れるキャストによるKUNIO版『迷路』に是非ご期待ください。

Take a chance project 021
KUNIO05『迷路』

公演日=2009年1月23日(金)~25日(日)
会場=アイホール(伊丹)

作=F・アラバール/訳=宮原庸太郎
演出・美術=杉原邦生

出演=芦谷康介、池浦さだ夢(男肉 du Soleil)、坂原わかこ、二口大学、諸江翔大朗

チケット発売=8月中旬予定


制作
スポンサーサイト