FC2ブログ

KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
初めて博多に行く。
今日は急遽、友達と日帰りで博多に行ってきました。
わざわざ「急遽」と言うのは、行くと決めたのがほんの2日前だからです(笑)
目的はなにを隠そう、博多座の「二月花形歌舞伎」を観るため!
いやはや、ホント観に行って良かった。
《昼の部》と《夜の部》、両公演とも観たのですが、ホントどの演目も面白かった。

博多08-1

博多08-1

《昼の部》
一、『義経千本桜 渡海屋・大物浦』一幕
二、『高坏』長唄囃子連中
三、『団子売』竹本連中

『高坏』が良かった。
中村勘太郎さんはどんどんお父さん(勘三郎)に似てきていて、それは決して悪い意味じゃなく、加えて自分だけの個性みたいなものも滲み出ているから良いです。

《夜の部》
一、『菅原伝授手習鑑 車引』一幕
二、歌舞伎十八番の内『鳴神』一幕
三、『蜘蛛絲梓弦』常磐津連中・長唄囃子連中

やっぱり『蜘蛛絲梓弦』は良かった。
亀治郎さんのパワーは爽快。
一昨年の「新春浅草歌舞伎」での初演も良かったし、今回も負けじとパワーアップした作品に仕上がっていました。
幕切れの花形役者総出での大立ち回りは文句無し。
そりゃー、スタンディングオーベーションになりますわ。
歌舞伎公演であんなに熱い客席はめったに観れない。

帰りはラーメン屋・一蘭で博多気分を味わい、駅の売店でたくさんのお土産を買い帰ったのであります…。

博多08-3


くにお。