FC2ブログ

KUNIOblog

京都で舞台演出・舞台美術を中心に活動している杉原邦生のブログです。公演情報などは“LINKS”から《KUNIO'WEB》へ!
【新聞掲載情報】日本経済新聞夕刊。
本日の日本経済新聞夕刊(全国版)の特集「今年の収穫」に、
本年11月19日(木)・20日(金)に伊丹アイホールで上演し好評を得た
teuto『ソーグー』(振付・演出・美術=杉原邦生)が選ばれました。
ぜひ、ご覧ください。


制作
『青春60デモ』参加者追加募集!
ダンス・ワークショップ公演『青春60デモ』では
60代の参加者を募集しています。


2010年2~3月に開催予定の〈冬のサミット2009〉ラインナップの中で特別企画として、サミットディレクターである杉原のダンス・ワークショップ公演『青春60デモ』が上演されます。
『青春60デモ』は公募で集まった60代の一般参加者とともにワークショップを重ね、「青春」をテーマにしたダンス作品を創作するという企画です。
いわゆる団塊世代と呼ばれる方々のエネルギーを作品にしていきたいと思っています。
すでにエネルギー溢れる参加者が集まってくれていますが、そのエネルギーに触発され、今回広く参加者の追加募集をすることになりました。
「ダンス」と言っても、例えば生活の中のちょっとした動きもダンスになっていきます。
ですから経験や技術は不問です!
親戚や知人に60代の方がいらっしゃいましたら、是非ともお誘いください!!
皆様のご応募お待ちしております。

※詳細情報はこちら
【『青春60デモ』募集要項】
http://www.agora-summit.com/2009w/sugihara_boshu.html
木ノ下歌舞伎ワークショップ&オーディション
参加者受付中!
応募締切は2009年10月26日(月)です


木ノ下歌舞伎「京都×横浜プロジェクト2010」
舞踊劇『勧進帳(仮)』(演出・美術:杉原邦生)
のためのワークショップ&オーディション

2009年10月31日(土)~11月2日(月)
@急な坂スタジオ


《木ノ下歌舞伎、初の滞在製作!》
木ノ下歌舞伎・主宰の木ノ下裕一とこまばアゴラ劇場が主催する舞台芸術フェスティバル「サミット」のディレクターでもある演出家・杉原邦生、これまでも木ノ下歌舞伎で多くのタッグを組んできた2人が横浜に2ヶ月間滞在し、オーディションにより選出された出演者とともに横浜の地で新たな作品を創作します。そして上演演目に選んだのが、歌舞伎の演目の中でも特に人気の高い『勧進帳』。さらに、今回は歌舞伎の中でも“舞踊劇”というジャンルに挑戦します。出演者は演劇からダンスまで幅広いジャンルの中から選出し、その出演者の個性を生かした形で作品の演出が練られていきます。


■公演概要■
【企画名】木ノ下歌舞伎「京都×横浜プロジェクト2010」
【タイトル】舞踊劇『勧進帳(仮)』
【主なスタッフ】原案・監修:木ノ下裕一/演出・美術:杉原邦生
【公演日程(予定)】[横浜]STスポット/2010年5月13~16日
          [京都]アトリエ劇研/2010年5月27~30日


■ワークショップ&オーディション情報■
【日時】
2009年10月31日(土)~11月2日(月)
各日15:00~17:00/19:00~21:00(計6コマの内いずれか1コマ)
※人数調整のため、希望を取り振り分けいたします。

【会場】急な坂スタジオ

【参加費】1,500円

【応募資格】
・18歳以上の心身ともに健康な男性
・俳優・ダンサーなどこれまでの経験、経歴は不問
・2010年3月から開始される稽古と全公演日程に参加できる方(稽古場は急な坂スタジオを予定)。

【参加申込方法】
・所定の申込用紙に必要事項記入の上、写真(全身・バストアップ・「歌舞伎」と聞いて思い浮かぶポーズ、の3点)を添付しメールもしくは郵送でお送りください。
・応募用紙は 木ノ下歌舞伎WEBオーディション情報ページ からダウンロード
・メールでのご応募…件名に「オーディション参加申込」と記入の上、info@kinoshita-kabuki.orgまで
・郵送でのご応募…封筒に「参加申込書在中」と記入の上、〒606-8171 京都府京都市左京区一乗寺西水干町32-1-416 まで

【応募締切】
2009年10月26日(月) 消印有効
※メールでのお申込みの場合は24:00まで受付

【出演者の待遇など】
・チケットノルマなし、マージンあり
・交通費支給

【お問合せ】
木ノ下歌舞伎WEB:http://kinoshita-kabuki.org
Tel:080-3780-0677(制作担当・キムラ)
E-mail:info@kinoshita-kabuki.org
KUNIO06公演。
【当日券について】
20日(日)15:00の回の当日券はキャンセル待ちとなります。
キャンセル待ちの整理券の配布は受付開始の14:15から行います。
ご来場お待ちいたしております。


==============================

flyer

今回のチラシはA2サイズとビッグなポスターサイズ!!
お手にされた方は、是非お部屋に貼ってくださいね。
そして…
チケットは好評発売中です!
みなさまのご来場を心よりお待ち致しております。

本公演は舞台の構造上、客席数に限りがございます。
お早めのご予約をおすすめ致します。


==============================

京都芸術センター舞台芸術賞2009参加作品
KUNIO06
『エンジェルス・イン・アメリカ―第1部 至福千年紀が近づく

作=トニー・クシュナー
演出・美術=杉原邦生
出演=田中遊,澤村喜一郎(ニットキャップシアター),坂原わかこ,田中佑弥,松田卓三(尼崎ロマンポルノ),池浦さだ夢(男肉 du Soleil),藤代敬弘,森田真和(尼崎ロマンポルノ

1993年度のトニー賞やピュリツァー賞に輝き、ロンドンのナショナル・シアターが「二十世紀の最も偉大な戯曲10本」のひとつにも選んだトニー・クシュナー作『エンジェルス・イン・アメリカ』。
「国家的テーマに関するゲイ・ファンタジア」という副題も持つ本作品は、エイズ/同性愛/政治/宗教/人種差別など1980年代アメリカのアクチュアルな社会問題をリアリズムとファンタジーが交錯する中で描いた傑作。
1部と2部の合計上演時間が7時間に及ぶこの大作のうち、「第1部 至福千年紀が近づく」を杉原邦生演出により上演する。


【公演日時】
2009年
9月19日(土) 13:00開演
9月19日(土) 18:00開演
9月20日(日) 15:00開演 →920(くにお)の日スペシャルプレゼント付き☆

*上演時間は休憩を含め約3時間30分を予定しています。
*未就学児童の入場はご遠慮ください。
*演出の都合上、開演後の途中入場は制限させていただく場合がございます。
*開場は開演の30分前、受付・当日券の販売は開演の45分前より開始いたします。


【会場】
京都芸術センター フリースペース
(京都市営地下鉄烏丸線[「四条」駅/阪急京都駅「烏丸」駅22番出口・24番出口より徒歩5分)

【チケット料金】全席自由・日時指定
一般前売=2,700円
学生&ユース(25歳以下)前売=2,200円

*当日券は300円増
*学生&ユースのお客様は当日受付にて証明証をご提示ください。

【チケット予約】
KUNIO06チケット予約フォーム
電子チケットぴあ

【Hatch-amp】
KUNIO06プロモーション動画配信中!!

【お問い合せ】
MAIL=kunio@mb.vis.ne.jp
HP=KUNIO'WEB http://www.kunio.vis.ne.jp/


制作
「キレなかった14才・りたーんず」チケット先行予約
「キレなかった14才・りたーんず」チケット先行予約

2月14日(土)10:00より、3月14日(土)の一般発売に先駆け「キレなかった14才・りたーんず」全公演の先行予約が開始されます。チケットの早期完売が予想されているので、観劇日時がお決まりの方は是非この機会にお求めください!
杉原演出作品の上演スケジュールは以下の通りです。

キレなかった14才・りたーんず
杉原邦生演出作品
『14歳の国』

作=宮沢章夫
演出=杉原邦生

4月21日(火)19:30 ★ポストパフォーマンストークあり
4月24日(金)14:00
4月26日(日)14:00 ◎託児サービスあり
4月29日(水・祝)19:30
5月2日(土)16:00
5月4日(月・祝)20:00

【先行予約期間】2月14(土)10:00~2月15日(日)24:00
【予約取扱】『14歳の国』予約専用ページ
      キレなかった14才・りたーんずwebサイト http://kr-14.jp/
      

【チケット料金】<全演目共通・日時指定・全席自由・整理番号付>
一般:予約 2,500円 当日 2,800円 / 高校生以下:予約・当日共 1,000円
[平日昼割引]一般:予約 2,000円 当日 2,500円 / 高校生以下:予約・当日共 1,000円

・高校生以下の方は、当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明書をご提示ください。
・芸術地域通貨ARTSもご利用いただけます。(ARTSとは、桜美林大学の演劇施設で施行されている地域通貨です。1ARTS=1円。)


《スタンプラリーやります》
5演目以上ご覧いただいたお客様に演出家からプレゼントがあります!

*全6作品のスケジュールや、公演の詳細は以下webサイトでご確認ください。
【キレなかった14才・りたーんずwebサイト】http://kr-14.jp/


制作